ロイヤルアートスクール

| ホーム | インフォメーション | イベント | 絵画 | 陶芸 | 絵付け | 彫金 |


ホーム / 巨匠の広場 Maestoro Forum / エドガー・ドガ Edgar Dogas

エドガー・ドガ Edgar Dogas

1834パリ生 1917パリ没 
印象派の巨匠。踊り子の動きの瞬間を鋭く捉えた表現や、競馬・街頭風景・浴女などの近代生活を主題として、パステルや版画を用いた作品に多くの秀作を残した。

ドガのパステルの技法は、単に色面を画面上に配置するのではなく、色彩を重ね、透けて見えるようにして、色彩が互いに引き立ちあうようにしています。パステルの場合は油彩のグラッシ(グレージング)のように透明にはならないので、下の層を完全には塗りつぶさず、少しかすれて見えるようにして、同じような効果を出すことに成功しています。

覗き見るような視点

化粧室の女性は、ドガの好んだ主題のひとつでした。視点の多くはモデルたちが「見られていることを意識していない」状態をとらえて描かれています。入浴したり、体を拭いていたり、髪をとかしている裸婦の作品ではモデルは行為に没頭していて自分にかかわること以外には無頓着に見えます。ドガはこのような作品を指して「鍵穴から覗いたように見える」と語っています。


モノタイプとパステルの併用

ドガはモノタイプとパステルを併用した作品を多数残しています。モノタイプとは版画技法を用いた絵で、同じもの複数刷ることができないタイプという意味です。たとえば金属板かガラス板にインクや絵の具で直に描き、それを紙に転写して一枚の版画をとるという技法です。モノタイプで描かれたものを下素描として、その上にパステルで色彩を重ねて仕上げるというのがドガの独特の手法で、ドガのパステル画のじつに三分の一は版の跡が残っていて、モノタイプが用いられたといわれています。



サイトマップリンクポリシー資料請求よくある質問入会案内

Copyright (C) 2004 Royalartschool LTD