ロイヤルアートスクール

| ホーム | インフォメーション | イベント | 絵画 | 陶芸 | 絵付け | 彫金 |


ホーム / 巨匠の広場 Maestoro Forum / アンリ・マチス Henri Matisse

アンリ・マチス Henri Matisse

1869年ル・カトー=カンブレジ生まれ 1954年シミエ没
フランスの画家。フォービスム運動をドラン・ブラマンクらと興す。のち、平面的な構成や純粋色の洗練された色彩世界を創造し、二〇世紀絵画を代表する独自の芸術を築き上げた。

フォーウ゛(野獣派)の旗手、アンリ・マチス

フォーヴから出発したマチスは、そのフォーヴの本質である色彩の明るさと、アラベスクを展開させ現代生活の明るさを象徴するかのような大絵画に到達しました。それは、装飾的であると同時に、『豊かさ・喜び・明るさ』に満ちあふれている。

マティスのフォーブ期は1905年から8年までで、長い画家生活の中で絶えず変化を続けたが、晩年のコラージュ作品にも見られるようにその中心には常に色彩があった。



「緑の線のある肖像」
1905年
油彩
40.0×31.8cm

「ピアノのレッスン」
1916〜1917年
油彩
245.0×212.5cm

フォーヴは、あらゆる固有色を原色に変化させてしまいます。主観的感情が画面を彩ります。

コペンハーゲン、ロイヤル美術館蔵

直線の明快さと、曲線の優雅な複雑さがひとつのものとなり、さわやかな色調が午後のひとときを色どります。

ニューヨーク近代美術館蔵



「ピンクの裸婦」
1935年
油彩
66.0×92.8cm

フォーヴ的な本質を維持しつつも、色彩の洗練と装飾的なアラベスクの完成を求め、現代的な生の賛歌にまで作品を高めます。
アメリカ、ボルチモア美術館蔵



サイトマップリンクポリシー資料請求よくある質問入会案内

Copyright (C) 2004 Royalartschool LTD