ロイヤルアートスクール

| ホーム | インフォメーション | イベント | 絵画 | 陶芸 | 絵付け | 彫金 |


ホーム / 巨匠の広場 Maestoro Forum / ユトリロ Maurice Utrillo

ユトリロ Maurice Utrillo

1883パリ生まれ 1955ダスク没
フランスの画家。独学で、画壇からも孤立しながら、灰白色の微妙な色調で哀愁に満ちたパリ風景を描き続けた。

モーリス・ユトリロ

ユトリロはパリのモンマルトル、ポトー街に生まれたフランス人です。画家のモデルを生業とし、やがて自らも画家となるシュザンヌ=ヴァラドンを母に1883年、モーリス=ユトリロは誕生します。父親は不詳です。やがて親の結婚と共にパリの北の郊外に住み始めます。しかしモンマルトルのアトリエでの制作に忙しい母親にはあまりかまってもらえず、祖母との寂しい生活の中で8歳頃から葡萄酒に溺れていき、21歳の時にはアルコール中毒の治療のために入院を余儀なくされました。退院後、医者のすすめであまり気乗りしないままに始めた絵の制作に、ユトリロは瞬く間に独自の才能を発揮していきます。


絵の制作は結局のところ、ユトリロがアルコール依存症から脱却するための有効な手だてにはなりませんでした。1909年母親のヴァラドンはユトリロの友人でもあった若い画家アンドレ=ユツテルと恋に落ち、夫と別れてこの愛人との生活を始めます。ユトリロも一緒でしたが、所詮、彼は二人の恋人にとっては邪魔者でしかありませんでした。ますます酒に溺れ、薄汚れた格好をしてモンマルトルをさまよい歩くこの酔いどれ画家は、居酒屋やバーなどで寝泊まりをしました。

こうした状況の下で描かれた彼の絵は全画業の中でも最良のものに属しています。それはおよそピトレスクとはいいがたい月並みな都市の風景でありながら、喧騒とは無縁な寂蓼感と詩情をたたえた絵画世界であり、建物の壁や石の塀などに用いられた微妙なニュアンスに富む濃密なマチェールの白が、画面を支配しています。「白の時代」と呼ばれるこの時期(1910年代前半)、ユトリロは現実から次第に遠ざかり、絵はがきをもとに制作するようになります。しかし彼は月並みなものから豊かな情感を引き出すすべを心得ていました。モンマルトルの人々はそこに自分たちの心象風景の投影を見、また彼の絵を扱う画商も現れるようになります。

1919年、デュラン=リュエル画廊でのミルボー・コレクションの売り立てなどでユトリロの作品が高値で取引 されて以来、彼の絵は値上がりしはじめ、加えて力ある画商たちによって次々と開かれた展覧会が、彼の絵の相場 をさらにつり上げました。今や国際的に名の通った画商が彼の作品を取り扱い、このモンマルトルの酔いどれの名 はフランスを越えて外国にまで広がっていきました。 しかしこうした富と名声とは裏腹に、ユトリロの生活は責任能力のないほとんど囚人に近い様相を帯びるものでし た。この時期、彼は決定的に宗教に傾斜していきました。1920年代以降のいわゆる「色彩の時代」においては 、以前の重厚で厳粛な調子は一掃され、明るく澄んだ色調の多様な色彩が軽妙な筆致で薄く塗られ、細かい線的要 素が強調されています。

ポトー街

ポトー街:ユトリロはこのような絵葉書からも作品を制作したがそこに描かれるのはあくまでも彼の感性によって昇華された世界だった。




サイトマップリンクポリシー資料請求よくある質問入会案内

Copyright (C) 2004 Royalartschool LTD